馬と快楽と私


TOP > 競馬>快楽考察 > 阪急杯の考察

2010年02月28日
今年の阪急杯。このレースが角田騎手の最後の重賞レースとなります。
彼は良い馬に乗りながら、幾度も乗り替りでお手馬を取られてました。

実力の世界でもあり、オーナーの意向が強く影響する世界ですからね。
それでも見ていて残酷だなって思ってましたよ。かわいそうでした。

そんな中でも腐ることなくダービージョッキーにもなりましたからね。
さらにぼくも好きだったヒシミラクルで天皇賞と宝塚記念も勝ってます。

そしてフッと思い出したのが2006年の同レース。

このレースも現調教師の松永幹夫騎手の最後の重賞レースでした。
そして11番人気という低評価のブルーショットガンに騎乗して勝利。

ほら、なんだかマイケルバローズが気になるでしょ?笑

このように馬券以外にも楽しみがあるレースになりましたからね。
勝負は勝負で大事ですが、角田騎手の最後の騎乗を楽しみたいですね。

良い条件
・安藤勝己騎手騎乗
・武豊騎手騎乗
・5歳馬
・馬番が3番
・逃げ、先行馬
・重賞勝ち馬
・前年のスワンステークス勝ち馬
・マイル戦で好走実績あり
・斤量が56〜58kg
・馬体重が460kg〜490kg

悪い条件
・前2走とも5番人気以下かつ5着以下
・前4走内に2桁着順が2回以上
・前走G3以下で6番人気以下かつ4着以下の1200、1400mが5勝未満
・前3走とも1400m以上の条件戦で1200mで4着以下が4回以上
・前4走とも条件戦で1秒以上の負けがある

ちょっと少ないですが、現条件になってから間がないっててことで。

▼ 参考文献 ▼
消去法シークレット・ファイル 2007-2008 (2007)
中央競馬重賞競走データBOOK 2009年度版 (2009) (にちぶんMOOK)

▼ 息抜きタイム ▼

▼ 競馬好き必見 ▼

▼ 清き一票を ▼
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 88x31b.gif 競馬予想が無料で探せる 競馬予想サーチ

posted by Salbou at 00:16 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。