馬と快楽と私


TOP > 競馬>快楽考察 > きさらぎ賞の考察

2007年02月08日
えー。会社の友達が、昨日まで休みを取って北海道旅行を。
で、今日から復帰したですが。僕を見つけてお土産があるよって。

なんだろう。北海道だから、ウニかな。カニかな。木彫りの熊かな。
まさかまさか。新巻鮭かな。などと期待に胸を膨らませてました。

はい、これって渡されたものはディープの携帯ストラップ。
おいおい待て待て。嬉しいけど。とっても嬉しいんだけどもね。

わざわざ北海道に行って・・・僕らしいお土産で感激ですわ。
そんな彼は、自分のお土産に「まりもっこり」を買ってましたわ。

さて。今日はクラシックの登竜門、きさらぎ賞の考察ですよ。
過去10年でダービー馬が3頭。3頭ですよ。驚きの数字です。

今年もすごい逸材が出てくるみたいですが・・・どうなるんでしょ。

20070211KYO-TOROKU.gif

良い条件
・前走が白梅賞で3着以内
・前走が福寿草特別で3着以内
・前走で勝利
・武豊騎手騎乗
・佐々木晶厩舎所属馬
・京都コースで連対実績あり

悪い条件
・前走が6着以下
・前走が新馬戦
・前走が未勝利戦
・馬体重が8kg以上の増減
・マイル以上で3着以内の実績なし
・キャリア1戦
・連対率が5割未満

嫌な予感はしますが、これで絞ってみましょうか。

 アサクサキングス
 ディープスピリット
 ナムラマース

あらま。たったの3頭しか残りませんでした。

前走は3ヶ月の休み明けで。直線で不利があっての3着と好走。
メンバー唯一の重賞勝ち馬で1800mで負けなしのナムラマース。

こちらも前走は直線で不利がありながらも5着に踏ん張り。
前々走では後の重賞馬を力で捻じ伏せているアサクサキングス。

消えてる中では、新馬戦で驚愕のパフォーマンスを見せて。
ディープの後継者としての呼び声も高いオーシャンエイプス。

それ以外にも重賞2着の実績があるアドマイヤヘッドもいますね。

今年もレベルが高そうで楽しみですね。
果たしてオーシャンエイプスは化け物なのでしょうか・・・。



▼ 参考文献 ▼
消去法シークレット・ファイル 2007-2008 (2007)
中央競馬重賞競走データBOOK 2009年度版 (2009) (にちぶんMOOK)

▼ 息抜きタイム ▼

▼ 競馬好き必見 ▼

▼ 清き一票を ▼
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 88x31b.gif 競馬予想が無料で探せる 競馬予想サーチ

posted by Salbou at 23:57 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(2)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

きさらぎ賞 展望
Excerpt: 02/11(日) 2回 京都 6日目 11R 第47回 きさらぎ賞(G3) 3歳 ○混○特指(別定) 芝1800m 15頭 本賞金:4200、1700、1100、630、420万円
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2007-02-09 18:45

第47回きさらぎ賞予想
Excerpt: 第47回きさらぎ賞(G3) 京都芝1800m 1枠 1番 クリノアドベンチャ 2枠 2番 マルカラボンバ 3枠 3番 ナムラマース 4枠 4番 オーシャンクルーズ 5枠 5番 サムライタイ..
Weblog: DIVE (unbalanceu)
Tracked: 2007-02-11 00:30

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。