馬と快楽と私


TOP > 競馬>ニュース > 競馬ニュース(2007/02/15)

2007年02月16日
競馬ニュースは 『netkeiba.com』 様より抜粋しております。
鹿戸幸治・松永勇調教師が引退
15日、鹿戸幸治調教師(69、栗東)、およびが松永勇調教師(69、美浦)が28日付をもって調教師を勇退することがJRAから発表された。

鹿戸師は騎手として1617戦133勝の成績を残し、76年に調教師免許を取得。JRA通算成績は5927戦413勝。JRA重賞は、スギノハヤカゼで制した96年スワンS(GII)、97年CBC賞(GII)など9勝を挙げている。

松永勇師は騎手として1082戦93勝の成績を残し、74年に免許取得。JRA通算成績は5018戦315勝。

常石勝義騎手が現役引退
15日、常石勝義騎手(29、栗東・フリー)が、28日付で現役を引退することがJRAより発表された。

同騎手は96年にデビュー。同期には福永祐一騎手や和田竜二騎手らがいる。同年3月10日の中京2Rでタニノレセプションに騎乗して初勝利(8戦目)。同年8月4日の小倉4Rで落馬し、脳挫傷で意識不明の重体に陥ったが、翌年復帰し、タケイチケントウで97年小倉3歳S(GIII)を制して重賞初制覇を飾った。またビッグテーストで03年中山グランドジャンプ(JGI)、オースミコスモで03年関屋記念(GIII)を制すなどの活躍を見せた。しかし04年8月28日の小倉9R・豊国ジャンプSで再び落馬。脳挫傷、外傷性くも膜下出血、頭蓋内血腫と診断され、一時は意識不明となったが、その後、復帰へ向けて懸命なリハビリを行っていた。通算成績1503戦82勝(うち障害181戦15勝、重賞3勝)。

ディープインパクトが見学用の放牧地に移動
14日の一般公開を終えたディープインパクトが、15日から社台スタリオンステーション内にある見学用放牧地でファンに公開されることになった。同スタリオンが発表したもので、一般公開締め切り後も鳴り止まぬ見学希望の声に応える形になった。

撮影会とは異なり、少々離れた位置から金網越しの見学となるが、待ちわびたファンにとっては朗報かもしれない。ただし、現在同放牧地に放たれている馬同様に放牧時間は種付けの合間を縫うように行われるため、種付期間は不定期放牧となるうえに天候や馬の体調などの理由によって中止になるケースもある。

見学の確認は社台SS・テレホンサービス(0145-22-4600)まで。

笠松の安藤光彰らがJRA騎手免許合格
15日、JRAは平成19年度の調教師・騎手免許試験合格者を発表した。

新規騎手には、父が藤岡健一調教師(46、栗東)、兄が藤岡佑介騎手(20、栗東・作田誠二厩舎)である藤岡康太騎手を含む騎手課程の生徒9名、公営から受験した安藤光彰騎手(48、笠松)が合格した。同騎手は同じく笠松競馬出身で、現JRA騎手の安藤勝己騎手(46、栗東・フリー)の実兄にあたる。なお、同じく公営から受験した吉田稔騎手(38、愛知)は不合格だった。

新規調教師は、カワカミプリンセスで昨年のオークス、秋華賞(共にGI)を制するなどJRA通算755勝(重賞27勝、GI・5勝)を挙げている本田優騎手(48、栗東・フリー)、ビーマイナカヤマで00年、01年のガーネットS(GIII)連覇などJRA通算346勝(重賞4勝)を挙げている鹿戸雄一騎手(44、美浦・フリー)など7名が合格した。合格者は下記の通り。

左から氏名、年齢、所属、種類
◆新規騎手免許試験合格者
安藤光彰(あんどう みつあき)、48、平地
池崎祐介(いけざき ゆうすけ)、18、美浦・池上昌弘厩舎、平地・障害
大下智(おおした さとし)、20、栗東・梅内忍厩舎、平地・障害
荻野琢真(おぎの たくま)、18、栗東・大久保龍志厩舎、平地・障害
草野太郎(くさの たろう)、18、美浦・坂本勝美厩舎、平地・障害
田中健(たなか けん)、18、栗東・浅見秀一厩舎、平地・障害
濱中俊(はまなか すぐる)、18、栗東・坂口正大厩舎、平地・障害
藤岡康太(ふじおか こうた)、18、栗東・宮徹厩舎、平地・障害
丸田恭介(まるた きょうすけ)、20、美浦・宗像義忠厩舎、平地・障害
宮崎北斗(みやざき ほくと)、17、美浦・高市圭二厩舎、平地・障害

◆新規調教師免許試験合格者(計7名)
左から氏名、年齢、所属
◆新規調教師免許試験合格者(計7名)
荒川義之(あらかわ よしゆき)、38、栗東
粕谷昌央(かすや まさお)、41、美浦
鹿戸雄一(しかと ゆういち)、44、美浦
野中賢二(のなか けんじ)、41、栗東
本田優(ほんだ まさる)、48、栗東
松山将樹(まつやま まさき)、36、美浦
吉田直弘(よしだ なおひろ)、35、栗東

安藤光彰騎手「JRA騎手免許合格」セレモニーを実施
笠松競馬は、25日(日)にJRA平成19年度新規騎手免許に合格した安藤光彰騎手(48、笠松・小井土金一厩舎)の「JRA騎手免許合格おめでとう」セレモニーを実施する事を発表した。詳細は以下の通り。

◆安藤光彰騎手「JRA騎手免許合格おめでとう」セレモニー
【場所】
笠松競馬場内ウイナーズサークル

【日時】
2月25日(日)第5R(13:05予定)確定後

【内容】
1.花束贈呈
2.インタビュー

オペラシチーが登録を抹消
04年菊花賞(GI)3着、05年目黒記念(GII)優勝など長距離戦線で活躍したオペラシチー(牡6、栗東・佐々木晶三厩舎)が放牧先で骨折したため現役を引退、15日付けでJRA競走馬登録を抹消された。今後は茨城県の武田牧場で乗馬となる予定となっている。

オペラシチーは、父オペラハウス、母シャルムマイヤー(その父ブレイヴェストローマン)という血統。叔父に06年12月に最高年齢出走記録の新記録を樹立し、現在も公営・高知競馬で現役を続けているオースミレパード(牡16、高知・細川忠義厩舎)がいる。

04年2月の3歳新馬(芝2000m)から7月の玄界特別(3歳上1000万下・芝2000m)まで3連勝を達成。続く、朝日CC(GIII)では2番人気に支持されるも7着に敗れたが、菊花賞(GI)では6番人気の評価を覆し3着に好走。05年5月の目黒記念(GII)で重賞初制覇を果たしたがその後は勝ち星を挙げられず、06年ダイヤモンドS(GIII・10着)以来レースから遠ざかっていた。通算成績14戦5勝(重賞1勝)。



▼ 息抜きタイム ▼

▼ 競馬好き必見 ▼

▼ 清き一票を ▼
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 88x31b.gif 競馬予想が無料で探せる 競馬予想サーチ

posted by Salbou at 22:14 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

本田優騎手調教師試験合格&安藤光彰騎手JRA騎手試験合格!
Excerpt: かねてから引退が噂されていた平地最年長で 現役最強牝馬カワカミプリンセスの主戦、 本田優騎手が調教師試験に合格した模様。 また、安藤勝己騎手の実兄で笠松競馬場の トップジョッキー、安藤光彰騎手がJR..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2007-02-17 17:29

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。