馬と快楽と私


TOP > 競馬>ニュース > 競馬ニュース(2007/06/24)

2007年06月25日
競馬ニュースは 『netkeiba.com』 様より抜粋しております。
種牡馬アサティスが死亡
種牡馬としてウイングアロー(ジャパンCダート)などを出したアサティス(牡22)が、5月13日に北海道日高町の競勝牧場で病気のため死亡していたことがわかった。

アサティスは父Topsider、母Secret Asset(その父Graustark)という血統の米国産馬。祖母Numbered Accountは71年の米2歳牝馬チャンピオンに輝いた名牝で、伯父に名種牡馬Private Account(ガルフストリームパークH-米G1)、従弟にリズム(BCジュヴェナイル-米G1)など近親に活躍馬多数の良血馬。

現役時代は89年ジョッキークラブ大賞典(伊G1・芝2400m)、89年、90年ハードウィックS(英G2)などに勝ち、90年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(英G1)では柴田政人騎手(現調教師)が騎乗し3着に入った。通算成績16戦6勝(重賞5勝)。

引退後、91年から北海道静内町(現:新ひだか町)のレックススタッドで種牡馬入り。04年から昨年までは新ひだか町のアロースタッドで種牡馬として活躍していた。

主な産駒には、00年ジャパンCダート(GI)、00年フェブラリーS(GI)を制したウイングアローほか、スマートボーイ(平安SなどGIII・5勝)、メイショウテゾロ(シンザン記念-GIII)などがおり、主にダートでの活躍馬を送り出した。04年には米国に移籍したフェスティバルがダリアH(米G3)を制覇。現役馬には今年の金盃(南関東G2)など南関東重賞4勝のボンネビルレコード(牡5、美浦・堀井雅広厩舎)などがいる。

マカオ遠征の岡部騎手が遠征初勝利
現地時間23日、マカオに遠征中の岡部誠騎手(30、愛知・荒木市雄厩舎)がタイパ競馬場で8鞍に騎乗。13RをA Walk in Simshanで制し、今回の遠征21戦目にして初勝利を飾った。また、9RのディレクターズC(マカオG2)ではHelionに騎乗して3着だった。

この日は遠征4日目。これで今回の遠征での成績は23戦1勝[1-4-3-15]となった。23日の成績は以下の通り。

◆23日
・1R(芝1000m)
 H.M.Shabu 9着
・5R(芝1800m)
 Charlie Attack 2着
・7R(芝1500m)
 Supreme Gold 11着
・9R(芝1500m)
 Helion 3着
・11R(芝1500m)
 Taking Profit 9着
・13R(芝1200m)
 A Walk in Simshan 1着
・14R(芝1400m)
 Blue and White 4着
・15R(芝1400m)
 The Lucky Twins 9着

米年度代表馬、インヴァソールが電撃引退
現地時間23日、昨年の米年度代表馬インヴァソール Invasor(牡5、米・K.マクラフリン厩舎)が、右後肢種子骨骨折のため引退することがわかった。これは30日のサバーバンH(米G1)に向けた調教終了後に判明したもの。

インヴァソールは父Candy Stripes、母Quendom(その父Interprete)という血統のアルゼンチン産馬。05年2月にウルグアイでデビューし、5戦無敗で3冠を達成。その後北米に移籍し、昨年はUAEダービー(首G2)こそディスクリートキャットの4着に敗れたものの、ピムリコスペシャルH、サバーバンH、ホイットニーH、BCクラシック(いずれも米G1)を勝ち、米年度代表馬に選ばれた。今年に入ってもドンH(米G1)、ドバイワールドC(首G1)を連勝。先日発表された『トップ50ワールドリーディングホース』でも世界1位にランクされていた。通算成績12戦11勝(重賞10勝、うちG1・9勝)。

来年からは米・ケンタッキー州レキシントンのシャドウェルファームで種牡馬入りする予定。

金沢競馬史上最高、3連単382万馬券
24日、金沢競馬場で行われた8R・B33(ダート1500m)で畑中信司騎手騎乗の8番人気(単勝75.7倍)サンレイダーク(牝6、金沢・高橋道雄厩舎)が優勝。2着に3番人気アバンティイモン、3着に1番人気ウインドサーベルが入り、3連単の配当は金沢競馬史上最高配当となる、3,825,500円の高配当となった。これは3連単全504通り中355番人気で、的中はわずか1票だった。

これまでの最高配当は、05年11月29日10Rの3連単3,000,450円で、今回これを80万円以上更新した。

ちなみに、地方競馬全体の最高配当は05年5月13日大井2Rの3連単13,000,390円。JRAの最高配当は05年10月22日東京12Rの3連単18,469,120円で、これが日本最高額となっている。

西谷誠騎手、4日間の騎乗停止
24日、福島4Rにて13位に入線した西谷誠騎手騎乗のホクセツバロンは、1周目1号障害で急に外側に斜飛し、サムタイム(柴田大知騎手)の走行を妨害したため、失格となった。落馬・競走中止となったサムタイム、柴田大知騎手については異状はない。なお、西谷誠騎手は6月30日(土)から7月8日(日)まで開催日4日間の騎乗停止となった。

ばんえいの安部憲二騎手、通算700勝達成
24日、帯広競馬場で行われた9R・混合360万円未満(ダート200m)で、ツジノコウフク(牡4、ばんえい・岡田定一厩舎)が優勝。騎乗していた安部憲二騎手(40、ばんえい・門脇税厩舎)は、通算700勝を達成した。

安部憲二(あべ けんじ)騎手は、67年5月3日生まれ、宮城県栗駒町出身。93年4月17日にデビューし、これまでの主な勝ち鞍にはサダエリコとのコンビで制した03年ばんえいダービー(岩見沢)、05年北見記念(北見)、06年旭王冠賞(旭川)などがある。この日行われた旭川記念もミサイルテンリュウで制し、701勝目を挙げている。24日終了時点の地方通算成績は7434戦701勝。

▼ 息抜きタイム ▼

▼ 競馬好き必見 ▼

▼ 清き一票を ▼
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 88x31b.gif 競馬予想が無料で探せる 競馬予想サーチ

posted by Salbou at 16:43 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。